目指せ アフィリエイトで札束!

インターネットのアフィリエイトに関するサイトについて、ジャンルを問わず、体験談か日記という形でご紹介。 また、新規登録のサイトの中で気になるサイトについては経過報告も行なっています(最大で1年間)。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
英語がそんなに話せる僕じゃないのに、今回は英語の仕事や転職をテーマにした記事です(苦笑)。

さて、英語を活かしたお仕事というと、みなさんはどんなお仕事が思い浮かびますか?

たとえば僕の場合ですと、

・客室乗務員
・旅行会社のツアーコンダクター
・通訳・翻訳…etc


になりますね。

どちらかというと英語は苦手な僕なんですが、もし英語がしゃべれるようになったとしたら通訳のお仕事(転職ともいえるかも?)に就いてみたいです。

◆通訳のお仕事にもさまざまな種類がある

けれど、一口に通訳のお仕事といっても

●会議通訳
高度な専門知識とスキルが要求される通訳業界の花形

●放送通訳
高度な通訳技術と幅広い知識、明瞭な話し方も必要

●商談・ビジネス通訳
通訳の出来がビジネスの結果を左右することも

●企業内通訳
企業のニーズに合わせて働き、安定した待遇を受けられる通訳業務

●司法通訳・翻訳
外国人が関係する「要通訳事件」を公正な立場でサポート

●通訳ガイド
日本を訪ねる外国人の旅を演出する「民間外交官」

…など、実にさまざまな種類があるみたいなんです。

この中で、僕が就いてみたいお仕事となると「通訳ガイド」になるでしょうか。

たとえば、日本の観光地を訪れた外国人の観光客、あるいは団体を僕がガイドするというのは、いろいろと大変そうですが、通訳のお仕事ではいちばん合っているように思えます。

ただ、そのためには最低でも「通訳案内士」という資格を取得しなければ、通訳ガイドになることは難しいみたいですけどね(もちろん、ほかの通訳のお仕事もですが)。

※通訳案内士
通訳案内士法で定められた国土交通省認定の国家資格で、報酬を受けて、外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をするなど、通訳のスペシャリストの資格である。


英語の仕事や転職
ダイジョブでは、キャリア・アップ留学プレゼント実施中!
この記事はブログルポの英語の仕事や転職特集の依頼により執筆しました。
スポンサーサイト
みなさんがお持ちのブログでは「相互リンク(自分のサイトと相手のサイト、両方からリンクを貼ること)」といって、サイドバーの右側か左側にリンク集という形で掲載されている方も多いと思います。

僕のブログも相互リンクを行なっていて、アフィリエイトがテーマのブログのため、相互リンクのブログのジャンルもアフィリエイトが主となっています。

その相互リンクですが、リンクすることによってブログのアクセス数が増えたり、ブロガーには欠かすことができないSEO対策にもなるとのこと。

ブログのアクセス数でいうと、そういえば僕もほかの方のブログを訪問したときに、相互リンクの中で興味のありそうなブログタイトルがあれば、クリックして閲覧したりしています。

そう考えると、相互リンクにはいろんなメリットがあるといえるでしょうね。

◆相互リンクをするときにはここに注意!

けれど、その相互リンクにも注意すべき点があります。

それは、ブログの場合ですと、

・相互リンクしたいブログを、あらかじめ自分のブログにリンクしておくこと

・リンクをしたら、リンクしたいブログのコメント欄に相互リンクのお願いについての報告をすること


また、

・自分のブログと同じジャンルのブログであること

も、検索エンジン対策のことを考えると大切かもしれません。

なおホームページの場合、トップページのほとんどにはメールのリンクかBBS(掲示板)が設置されていると思いますので、相互リンクする前に、あらかじめメールかBBSでご連絡したほうがいいでしょうね。


相互リンク
この記事はブログルポの相互リンク特集の依頼により執筆しました。
僕のブログをお読みくださっているみなさんの中で、運転免許をお持ちの方はどれくらいおられますか?

僕は、かなり前に取得したんですが持っています。

運転免許を取ろうとしたきっかけは、高校のころで、何か履歴書に書くことができる免許があったほうがいいと思ったことです(それ以外は免許らしいものってまったく取得していませんでしたからね…(^^ヾ)。

それで、少し遠かったんですが、隣町にあった教習所で申し込んで入学することに。

◆仮免許と路上試験は意外とスムーズに

教習所は、自分が希望する教習の時間についてはほとんど休むことなく通い続けました。

しかも、教習所内でのコースを含め、最初はかなり手こずるかなと思っていた縦列駐車やS字クランクなどのコースも、教官の先生の指示どおりにしたら意外とスムーズにいったんです。

しかしながら、運転は超初心者であるため、時々運転ミスにより運転席の隣に座っていた先生から補助ブレーキを何度も踏まれ、怒られたりもしましたけどね。

もちろん、路上での教習のときもそうで、特に雨の日に路上に出たときは、見通しの悪さの中で運転しなければならないことから超緊張したものです。

それでも、仮免許の取得と路上試験はわりとスムーズにいって一発で合格できました。

◆学科試験に苦戦…

そして、運転免許を取得するための最終関門である、運転免許試験場での学科試験。

実は学科試験については、一発で合格できなかったんです。

問題は選択式ではあったものの、ふつうに考えたら解けないような引っかけ問題が多くて、全部解くのにかなり苦戦しました。

そのため、試験場のすぐ近くにあった自動販売機で「試験によく出る問題集」という内容の問題集を購入して1日~2日ほど猛勉強(笑)。

なにしろ、学科試験を1回受けるだけでもお金がかかるんですからね。

その結果、なんとか合格し、運転免許証をもらうことができたのでした。

なお、教習所に通学する以外に、運転免許を取得するもう一つの方法として合宿免許がありますが、僕がこのことを知ったのは運転免許を取得してからすぐのことです。

もっと早く合宿免許のことを知っておけば、少し遠かった教習所へ通学するなどの煩わしさもないうえに、宿泊をしながら短期間で集中して教習が受けられるので、選択肢のひとつとして考えてもよかったんですけどね…。


合宿免許
この記事はブログルポの合宿免許特集の依頼により執筆しました。
みなさんは、SEO対策というのをご存じでしょうか?

日頃からブログを頻繁に更新されているブロガーさんなら、SEO対策を知らない方はいないでしょうね。

けれど、中にはブログを開設したばかりのため知らないという方もおられるはず。

そこで、SEO対策のことを知らない方のために、僕なりに説明してみたいと思います。

◆SEO対策とは?

まずSEO対策のSEOとは「Search Engine Optimizer」を略したもの。

読み方としては「エスイーオー」または「セオ」とも呼ばれ、検索エンジン最適化という意味があります。

つまり、ヤフー(Yahoo! JAPAN)やグーグル(Google)など、利用する方が圧倒的に多いとされている大手検索エンジンサイトで検索した時に、自分のブログ、あるいはホームページを、キーワードを入力して検索結果が出たときに上位(1ページ目)に表示させる方法というわけなんです。

また、検索エンジンから来られた人を 迷わないようにするための、リンクの最適化という意味もあるそうです。

◆初心者でもすぐにできるSEO対策

初心者でもすぐにできるSEO対策としては、まず検索エンジンに自分のブログかホームページのURLを登録すること。

たとえばGoogleですと、下のリンクからサイトの登録、削除ができます(もちろん僕も、ブログ開設時にはすぐ登録しました)。

サイトの登録/削除

あとは、

ブログをマメに更新する

関連記事が書かれているブログにトラックバックをする(外部リンクが増えるため)


などがあります。

それと、ブログの記事に付けるタイトルも、SEO対策には重要といえるでしょうね。

というのも、以前ブログを更新したとき、それまで検索エンジンのキーワードの検索結果のどこのページにも表示されていなかったのが、なんといきなり2ページ目に表示されたことがあったからなんです!

それを見て、「たかがキーワード、されどキーワード」と、キーワードの大切さを実感したものでした。

あと、ブログやホームページに付けるタイトルも大切です。

たとえば“アフィリエイト”の検索ワードで自分のブログかホームページを訪問してほしい場合、ブログかホームページのタイトルにもアフィリエイトのキーワードを必ず入れたほうがよいとされています。

ほかにも、

・HTMLタグやMETAタグにキーワードを複数埋め込む

・検索エンジンに一括登録できるサービスを利用してみる(無料と有料とがあります)


などがあるんですが、これらのSEO対策の中には自己責任をともなうものもありますので、興味のある方は検索エンジンから“SEO対策”の検索ワードで調べてみてくださいね。


SEO対策

この記事はブログルポのSEO対策特集の依頼により執筆。
弁護士と聞いて、みなさんはどのようなイメージがありますか。

僕は、まず人格的には、

・堅い
・まじめ
・頭がいい


です。

なにしろ、超難関といわれている司法試験に合格した方たちですからね(必ずしも一発で合格した方ばかりとは限らないみたいですが)。

そして、たくさんある職業の中でも、

・高収入

といったイメージが強くあります。

けれども、日テレの島田紳助さん司会の番組「行列ができる法律相談所」を見るようになってからは、それまで抱いていた弁護士のイメージがガラッと変わってしまいました。

特に弁護士のイメージが変わったきっかけとしては、「行列ができる法律相談所」番組で弁護を担当する史上最強の弁護士軍団のうち、「法廷に新しい風を吹き込む、茶髪の風雲児」というキャッチフレーズがある 、茶髪姿の橋下徹弁護士を見てからでしたね(笑)。

ただ収入については、やはり弁護士は高収入の職業であるというイメージは変わっていません(平均で2000万円ともいわれています)。

ちなみに日本弁護士連合会(日弁連)のホームページによりますと、現在日本にはおよそ2万1000人の弁護士がいて、そのうち女性はおよそ2500人だそうです。

◆儲からないうえに、割の合わない仕事の弁護士も

収入がいいといわれている弁護士ですが、中にはそうでない方もおられるみたいなんです。

たとえば、犯罪が起こったときに、犯罪を犯した人を処罰すべきかどうか。

また、処罰するとしたらどのような処罰をするかを扱う刑事事件を弁護する、いわゆる刑事弁護を専門として行なっている弁護士の収入は、なんと100万円前後ともいわれているそうです。

ですから、儲からないうえに「犯罪者の味方」と非難されることもあるため、弁護士が担当する弁護の中でも刑事弁護は割の合わないお仕事といえるでしょう。

それでも、犯罪者にも人権(一人の人間として大切に扱われるという権利のこと)がありますし、正しい裁判を受ける権利と弁護士を頼む権利もあるので、刑事弁護を担当する弁護士は必要です。

いかなる弁護であれ、人権や正義を守るのが弁護士の使命ですからね。

弁護士
この記事はブログルポの弁護士特集の依頼により執筆しました。
自己啓発という言葉を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか?

おそらく、自己啓発セミナーや、中には怪しい宗教をイメージする人もおられるのではないでしょうか?

けれど自己啓発とは、何もセミナーに参加することだけでなく、自己をより高い段階へ上昇させようとすることで、より高い能力、より大きい成功、より充実した生き方、より高い人格などの獲得を目指すといった意味があるそうです。

ですから、上昇志向があって、CDでも書籍でも何かしらのトレーニングを行なっている方は、知らないうちに自己啓発を行なっていることになるわけなんですね。

また、仕事に役立つ能力を開発したいという目的の人が多いことから、自己啓発を行なう方のほとんどがサラリーマンなどのビジネスマンともいわれています。

◆お金をかけずに、書籍で自己啓発

そんな自己啓発ですが、CDとテキストとセットになった教材なども販売されているものの、僕としてはお金をかけずに、書籍だけで自己啓発のトレーニングをしてみたい。

ということで、書店や図書館に行って、自己啓発のコーナーにあった本をいろいろと読んでみた結果、七田眞(しちだまこと)著の『超右脳活用ノート あなたの中に眠っている、97パーセントの能力が目覚める』の本を購入し、トレーニングをしてみることにしました。

数多くの七田眞氏による右脳に関する著書の中で、この本は、特にサラリーマンなどのビジネスマン向けの内容となっています。

しかも豊富な図解と、ノートの中で紹介されているさまざまな右脳を鍛えるトレーニングを実践することで、

・記憶力
・企画力
・速読力
・語学力


がアップするといわれているんです。

◆オレンジカードで右脳のイメージ力アップ!

超右脳ノートには、実にいろんなトレーニングがあるんですが、その中で、右脳のイメージ力をアップさせる「オレンジカード」による残像トレーニングをご紹介しましょう。

ちょっと、みなさんがご覧のパソコンのディスプレイから30cmほど離れて、下の、真ん中に青い丸の入ったオレンジカードの画像をまばたきさせずに30秒間見つめてみてください。



30秒間見つめた後、目を閉じると、まぶたの裏にオレンジカードの残像が残っているはずです(まわりのオレンジ色が青色に、中心の青の部分がオレンジ色と、反転して残像が見える状態)。

その残像をじっと見つめ続けてください。

はじめのうちは、20秒~30秒ほどで消えるかもしれませんが、くり返しトレーニングを続けていると、50秒、60秒と長くなり、中には2分以上残って見える人もいるのだそうです。

七田氏によると、この残像の見え方には4段階あって、

第一段階……見た像の補色(色が反転する)が、残像として見える
第二段階……残像がそのまま見える
第三段階……残像の色・形を変えることができる
第四段階……(オレンジカードを見なくても、目を閉じるだけで)自発的にイメージが見える


となっているということでした。

ちなみに、僕はまだ第一段階のままですけどね…(笑)。

それでも、目指すは第四段階です。

ということで、今後も超右脳ノートをテキストに右脳のトレーニングを続けて能力をアップさせることにより、少しでもブログでいい記事を書けるようにがんばりたいと思います!


自己啓発
この記事はブログルポの自己啓発の依頼により執筆しました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。