目指せ アフィリエイトで札束!

インターネットのアフィリエイトに関するサイトについて、ジャンルを問わず、体験談か日記という形でご紹介。 また、新規登録のサイトの中で気になるサイトについては経過報告も行なっています(最大で1年間)。

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/05 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバックとは、ブログの管理人さんが書いた記事に対して相互にリンクを貼れる機能で、リンク元にリンクを貼ったということを通知する機能のことをいいます。

参考URL FC2ブログ トラックバックとは?

たとえば僕の書いたブログの記事に対して、同じような内容の記事を書いていた管理人さんがおられたとします。

その管理人さんが、たまたま僕のブログを見て同じ内容の記事を見つけ、ぜひ読んでもらいたいということで、FC2ブログをお持ちの方の場合は、コメント欄の下に貼られている「この記事にトラックバックする」のリンクをクリック。

トラックバックの送信先URLがコピーされるので、あとは管理人さんが、僕のブログにトラックバックしたい記事を送信すればトラバが完了。

◆URLをクリックしなければトラバは送信されないと思っていた

ところでこのトラバですが、

トラバって何?

と、意味がよくわからなくてしたことがありませんでした。

しばらくして、トラバの方法はわかったんですが、

これだけで本当に相手先のブロクに送信されるのかな?

と疑問に思っていたんです。

なぜなら、インターネットで何かを送信するときには、メールでも専用のボタンがあって、それをクリックしないと送信されませんよね。

ましてやトラバの場合、トラバのURLをコピーして記事と一緒に送信すればOKなんて、ブログの初心者にとっては信じられない話です。

しかもトラバには専用のURLがあるので、本当はそのURLをクリックしなければ送信されないんじゃないかと思うのがふつうです。

なにをかくそう、僕自身がそう考えていました。

◆本当にトラバした記事が反映されている!

それでも、物は試しではないけれど、半信半疑でもトラバの送信先のボックスに、相手先のブログの記事にトラバしたいURLをコピーして送信してみました。

その後すぐに、あらかじめ開いていた相手先のブログの記事をリロード(更新)して確かめてみたところ、なんとすぐに反映されているではありませんか!

なにせ初めてのトラバだったので、それを見つけたときにはとっても感動したものでした。\_へ(´▽` )

◆トラバは、アクセスアップにもかなり効果的

これは、少なくても僕には言えることです。

なぜなら、僕のブログの記事にトラバがあった場合、必ず一度はトラバからのURLを通じてブログを訪問しているからです。

訪問した相手先のブログの管理人さんにとっては、ちょっとしたアクセスアップですよね。^^

ただし、記事の内容とはまったく関係のないトラバは別です。

たとえばアダルト系や出会い系からのトラバは、僕のブログのアフィリエイトに関する記事の内容とはまったく関係がありませんよね。

ですから、見つけ次第即削除しています。

・トラバは手当たり次第するのではなく、自分の書いたブログの記事と、相手先のブログのジャンルと内容に合った記事に送信しましょう。

・また相手先のブログにトラバした際は、できればコメント欄で「トラバしました」というご連絡をしておきましょう。


以上、日本トラックバック協会からのお願いでした(笑)。
スポンサーサイト
アフィリエイトのブログを作成していて思うことに、僕のブログでも何度か触れたバナー広告をどう活用したらいいのかということがあります。

このバナー広告ですが、アフィリエイトだけに限らず、いろんなジャンルのブログやホームページなどで貼られています。

◆あのね、ステッカーじゃないんだから…

ところでそのバナー広告。

ブログやホームページの中には、サイドバーやページの下あたりなどに、これでもかというくらいベタベタとたくさん貼っているのを見かけることがあります。

僕はそれを見るたびに、

「あのね、バナー広告はステッカーじゃないんだから」

とツッコミたくなってしまうんですよね。

小動物でも、2~3匹ならかわいいけれど、たくさんとなると少しウザったい感じがするもの。

バナー広告もそれと似ているかも?

もちろん、そういったバナー広告を1つ1つクリックしようという気にはなれません。

◆バナー広告がひとつもないとなると

しかしながら、もしもホームページやブログにバナー広告が何ひとつないというのも問題です。

たとえば夜の繁華街に行こうとしたのに、その街にはどのお店もまったくネオン1つなかったとしたら、殺風景な感じがして、入り口からして入ってみようという気にはなれませんよね。

もしこれが、ところどころにネオンがあったとしたら、ちょっと寄ってみようかという気にもなるはずです。

それに、インターネットを通じてホームページやブログを訪問される方は、ほとんどが夜中でしょうからね。

そのように考えると、夜にはブログやホームページにしても、お店のネオンにも似たバナー広告というのが、多からず少なからずそれなりに必要ではないでしょうか。

◆期間限定キャンペーンに関するバナー広告なら効果あり?

バナー広告の中でも、特にキャンペーンに関するバナー広告は、ないよりはあったほうがいいでしょうね。

特に、期間限定のキャンペーンに関するバナー広告を貼ると効果的ではないかと思われます。

現に、「このキャンペーンは○月○日まで」といった、締め切り日の日付けを限定したものであれば、少しアフィリエイトの知識がある僕であっても、バナー広告をクリックすることがあるくらいです。

まあ僕自身、もともと期間限定、数量限定、人数限定、地域限定といった限定モノに弱いほうではあるんですけどね(笑)。
僕がFC2以外でブログを始めた当時、記事内にはバナー広告を貼ることができたものの、サイドバーだけは貼ったことがありませんでした。

なぜなら、サイドバーでの貼り方がよくわからなかったからです(笑)。

さらには、FC2ブログを開設して、管理画面のヘルプを見てもよくわからなかったのが、やはりサイドバーでのバナー広告の貼り方でした。

サポート掲示板でも、バナーのキーワードで検索してみると似たような悩みが多くあったので、僕と同じ初心者の管理人さんは悩んでいるんだなと思ったものでした。

そのサイドバーでのバナー広告の貼り方についても、サポート掲示板を見てみたんですが、いまひとつよく理解できませんでした。

初心者の場合は、管理画面での画像をまじえた解説でないとわからないものですからね。

その意味で、FC2ブログの活用方法について、図解入りで詳しく解説している本とかがあったら、すぐに買うんだけどなぁ~。

◆サイドバーの広告の貼り方を詳しく解説しているブログ

とはいっても、現実にそういった本はまだ市販されていません。

それでも、せめてサイドバーの広告の貼り方について、もう少しやさしく解説しているサイトはないものかと探していたところ、体験版ソフトリンク集というタイトルのブログの中にありました。

カテゴリーのうち、初心者からのアフィリエイトの中の「手軽に始めるアフィリエイト その3」に、サイドバーへの広告設置ということで記事が掲載されています。

詳しい内容は、そのリンク先のブログの記事にゆだねますが、そのブログの管理人さんいわく、FC2ブログでサイドバーにバナー広告を貼る際には、主に次のことに注意したほうがいいとのことでした。

1.FC2ブログではプラグインという機能により簡単に広告を設置することが可能だが、プラグインを利用するにはプラグインに対応したテンプレートを使用することが前提となる(プラグイン未対応のテンプレートでは、自分でHTMLを編集して広告を挿入する必要が出てくる)。

2.プラグインを追加する場所は「カテゴリー」という名称で1~3の3ヶ所に分かれている。
どのカテゴリーに追加すると、ブログのどの部分に表示されるかはテンプレートによって違う。

3.スペースが空きすぎるなど広告の表示が崩れる場合や、広告のタグを入力しても全く表示されない時は、プラグインの「HTML編集」の画面を開いて、そちらにタグを記入すると改善される場合がある。


僕自身も、上記した「体験版ソフトリンク集」の初心者からのアフィリエイトの記事を参考に、これまでは避けて通っていたサイドバーのバナー広告設置にもチャレンジしてみようと思います。
それまでは、ホームページを作成しなければ貼ることができなかったと思っていたバナー広告。

ところがブログを開設してみて、ブログならそれが簡単に貼れることがわかったんです。

たとえば、ちょびリッチ.com(以下ちょびリッチ)というお小遣いサイトのバナー広告を例にとってみましょう。

ちょびリッチのログイン後に、お友達紹介用のバナー広告があるんですが、そのバナーはバナーソースといって、前回ご紹介したタグの応用と、ホームページや画像のURLを合わせたような構成になっています。

<a href="http//www.chobirich.com/intorduse/?29656">
<imgsrc="http//www.chobirich.com/image/banner2.gif" ALT="懸賞・小遣い ちょびリッチ"width="468" height="60" BORDER="0"></a>

半角だと消えてしまうため、全角の英大文字で入力しているのでちょっと変な感じなんですが、ちょびリッチのメンバーログイン後のページの中には、このようなお友達紹介用のバナーソースがあらかじめ用意されています。

これをそのままコピーして、ブログの管理画面の本文を書くフォームに貼り付けるだけで、

懸賞・小遣い ちょびリッチ

このようなバナー広告を貼ることができてしまうんです。

とっても簡単ですよね。^^

しかも貼り付けたときに、コピーしたときのバナーソースとは違い、どうしてもタグの位置とかがずれてしまったりします。

それでも上記のようにキチンと表示されるんですからね。

不思議です。
アフィリエイトに登録するための専用のメールアドレスも取得した。

アフィリエイトをするためのブログも開設した。

報酬を受け取るための、イーバンク銀行ジャパンネット銀行のネット銀行も開設した(ここではすでに開設したとします)。

さあ、あとはアフィリエイトをテーマにしたブログを書くだけ。

とその前に、FC2ブログを開設された方ならおわかりのように、管理画面の本文を書くフォームに「全てのタグが使えます」とあります。

でも、全てのタグが使えるというけれど、

タグって何?

僕がFC2ブログに初めて投稿したときに疑問に思ったのが、そのタグについてでした。

後で調べたら、それはHTMLタグのことで、「 < 」記号と「 > 」記号を用いて構成されるもので、開始タグと終了タグの2種類があるということです。

たとえば、<p>タグ(開始タグ)と </p> タグ(終了タグ)を用いて「段落」が表現できます。

タグというのは、この「 < 」記号から「 > 」記号までの部分の文字列のことを指します。

HTMLは、このタグを用いることで様々な意味を表現し、あのホームページを構成しているんですね。

そのタグを、FC2ブログでは全て使えるというわけです。

参考URL HTMLの基礎用語「タグ」と「要素」の違いとは?

◆タグを使った一例

そのタグを使った一例としては、次のようなものがあります(そのままだと変換して表示されてしまうために、タグの部分だけ全角の英数文字にしています)。

まず、文字を中央に位置させたいときは、

<center>タグを使った一例です</center>

とすることで、

タグを使った一例です


とセンタリングができます。

次にこれを、

<marquee>タグを使った一例です</marquee>

のタグを使うと、

このように動かすこともできます。

タグを使った一例です

さらには、

<merquee>
<i>
<b>
<font size="3" color="orange">
タグを使った一例です
</font>
</b>
</i>
</maquee>

とすると、




タグを使った一例です





のようになります。

文字のサイズを変えたいときは、

<h1>タグを使った一例です</h1>
<h2>タグを使った一例です</h2>
<h3>タグを使った一例です</h3>
<h4>タグを使った一例です</h4>
<h5>タグを使った一例です</h5>
<h6>タグを使った一例です</h6>

とタグをつけると、

タグを使った一例です


タグを使った一例です


タグを使った一例です


タグを使った一例です


タグを使った一例です

タグを使った一例です

というふうに文字のサイズを変えることもできます。

文字に色をつけたいときは、

<font size1=1 coror="aqua"></font>
<font size1=1 coror="olive"></font>
<font size1=1 coror="green"></font>
<font size1=1 coror="lime"></font>
<font size1=1 coror="purple"></font>
<font size1=1 coror=="fushsia"></font>

のタグをつけることで、

タグを使った一例です
タグを使った一例です
タグを使った一例です
タグを使った一例です
タグを使った一例です
タグを使った一例です


というふうに、文字に色をつけることができます。

先ほどの、<h1>~</h1>のタグを使ってセンタリングにしたい場合には、

<h1 align="center">タグを使った一例です</h1>

とすることで

タグを使った一例です


と、文字を大きくしたままセンタリングもできます。

さらに、タグを使うとこういった線なども引くことができます。

たとえば太いオレンジ色の線を引きたい場合、

<hr size="4" width="90%" align="center" color="oranged">

で、




となり、

さらにピンクの太線を引きたいときには、

<hr size="10" width="200" align="center" color="vioret">

とすることで、




となるわけです。

そして、いままでご紹介したタグをまとめて、


タグを使った一例です


タグを使った一例です




タグを使った一例です





タグを使った一例です


タグを使った一例です


タグを使った一例です


タグを使った一例です


タグを使った一例です

タグを使った一例です


タグを使った一例です
タグを使った一例です
タグを使った一例です
タグを使った一例です
タグを使った一例です
タグを使った一例です


タグを使った一例です









こうやって全部動かすこともできるんです。

まあ、これについてはかなり実用性が低そうですけどね。(^^;

ということで、使いようによっては便利なタグ。

僕もタグについては、まだ勉強し始めたばかりです。

なお、今回ご紹介したタグの一例は、超初心者のためのホームページ作成講座のサイトより使わせていただきました(現在お気に入りにも追加しているサイトです)。

また、HTML実験部屋では、いろんなHTMLタグやソースをコピーで貼りつけて「実験する」のボタンを押すと、貼った後の結果がわかるなどの実験ができます。

僕はここを知ってからというもの、たくさんのHTMLタグやバナー広告のソースをコピーして貼ってはその結果を見てみるなど、実験しまくっています(笑)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。