目指せ アフィリエイトで札束!

インターネットのアフィリエイトに関するサイトについて、ジャンルを問わず、体験談か日記という形でご紹介。 また、新規登録のサイトの中で気になるサイトについては経過報告も行なっています(最大で1年間)。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全世界で4億4千万ドルもの興行成績をあげ、2作のDVDも2000万本以上を売り上げている、まったく新しいカー・アクション映画のシリーズ第三弾。

それが、映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』です。

この映画では、第1作目はドラッグレースを、2作目はストリートレースをそれぞれテーマにしてきました。

そして、第3作目となる今回は、日本が生みだしたドリフトを題材にしているということです。

しかも、第1作~第2作ではロスからマイアミへと移り変わってきた舞台が、今度はスタッフ・キャストともに一新。

日本の東京を舞台に、RX-7、フェアレディZ、ランサーエボリューションといった、かっこいい車を使ってのダイナミックなカーチェイス、カーアクションをくり広げます。

【スタッフ】
監督:ジャスティン・リン
脚本:クリス・モーガン、カリオ・セイラム、アルフレッド・ボテーロ
音楽:ブライアン・タイラー ほか

【外国人キャスト】
ルーカス・ブラック(ショーン・ボスウェル)
ナタリー・ケリー(ニーラ)
ブライアン・ティー(D.K.のリーダータカシ)
ブライアン・グッドマン(ショーンの父) ほか

また、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』は東京が舞台の映画だけに、日本人キャストも多数出演されています。

【日本人キャスト】
千葉真一(カマタ組長)
北川景子(レイコ役)
妻夫木聡(スタートの掛け声をする役でカメオ出演(※参照)している)
土屋圭市(釣り人役でカメオ出演)
KONISHIKI(ショーンに借金を回収される役でカメオ出演)
柴田理恵(高校の先生役としてカメオ出演) ほか

※カメオ出演
カメオ出演(カメオしゅつえん)とは、俳優や歌手や監督、時には政治家やスポーツ選手などがゲストとして短時間映画やドラマ、舞台に出演すること。

監督や主演俳優(女優)の友人や、原作者などが端役で出演することが多い。

だが日本では、クレジットで「特別出演」や「友情出演」として記載されることが多く、カメオ出演という言い方はあまり普及していない。

◆あらすじ◆

高校生のショーン・ボスウェル(ルーカス・ブラック)は、学校で孤立しており、同級生との派手なカーレースの末に大事故を起こしてしまう。

ショーンの父親(ブライアン・グッドマン)は、東京の米軍基地に勤務する軍人で、地元の警察から指名手配されたショーンは、父を頼って日本に逃亡する。

逃亡先の東京でドリフト・レースに出会ったショーンは、自らもドリフトにチャレンジするが、運転のテクニックが追いつかず、借りた車はボロボロになってしまい、初めての結果は散々なものだった。

そして、ショーンは日本の裏社会・ヤクザと深いつながりのあるチーム「D.K.(ドリフトキング)」に足を踏み入れてしまう。

レースの敗北により大きな借金を負ってしまったショーンは、D.K.のリーダー・タカシ(ブライアン・ティー)の伯父であるヤクザの組長・カマタ(千葉真一)に対し謝罪をするとともに、レースによるタカシとの直接対決を申し出る。

◆僕による、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の見どころ◆

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の見どころについては、予告編を視聴してもいろいろなものがありました。

その中で、僕によるこの映画の見どころといえば、やはり渋谷、新宿、銀座、首都高などの東京を舞台に、日本のストリートで誰も見たことがない驚愕のカーチェイスやカーアクションがくり広げられるということでしょうね。

たとえば日本語公式サイトで公開されている予告編を見ても、映画のメインテーマとなっているドリフトの場面が満載で、実に迫力がありました。

しかも、渋谷のハチ公交差点をドリフトで駆け抜けるシーンもあるらしく、これだけでも、およそ日本の映画では考えられない、まるでハリウッド映画のような演出のように思えます。

また、日本では『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』はアメリカ映画として公開されるそうなので、カーチェイスやカーアクション、それに演出においても、まさにアメリカの映画のようであると言っていいかもしれないでしょうね。


その映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』は、9月16日(土)より東京の有楽座ほか、東宝洋画系にで全国一斉ロードショー公開されます。

下のリンクは、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の日本語の公式サイトと最新情報となっていますので、ぜひクリックしてご覧になってくださいね。

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』日本語公式サイト

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』最新情報
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは、gigiです。
この映画、予告編でとても気になっていたんですよ!
satutabaさんの記事を読んで、より気になってきました。
早く本編を見てみたいです♪
2006/09/11(月) 17:30:16 | URL | アフェリエイトじゃなくってアフィリエイトの入門 -ネットで副業- gigi #-[ 編集]
こんばんは^^
ご無沙汰しちゃってすみません><
今日は自宅から遊びにきました♪

あっ!! 映画・・・
最近映画館行ってないよ^^;
たまには行って大画面で見ないとな。

応援していくね☆
2006/09/11(月) 23:18:12 | URL | hiroco #-[ 編集]
hirocoさんへ コメント返しもしていない中でのコメントに恐縮しています…(^^;
こんばんはhirocoさん。

まだこの前のコメントのコメント返しもしていない中でコメントをいただいたので、とても恐縮しています…(^^;

>あっ!! 映画・・・最近映画館行ってないよ^^;
 たまには行って大画面で見ないとな。

hirocoさんも映画がお好きなんですね。

そういえば、僕もここ数年は映画館で映画を見たことがありませんでした。

そのため、アンケートサイトで映画に関するアンケートが来ても、映画館で見ていないことから、いつも事前調査で終了です…。(>_<)

なんでも、毎月1日は「映画の日」といって、1000円で見ることができるそうなんですよね。

なので、自分が見てみたい映画さえあれば、必ず映画館で見ようと思っています。
2006/09/18(月) 00:15:41 | URL | satutaba #-[ 編集]
gigiさんへ 僕も気になっている映画です
こんばんはgigiさん。

いつもコメントありがとうございます♪^^

>この映画、予告編でとても気になっていたんですよ!
 satutabaさんの記事を読んで、より気になってきました。
 早く本編を見てみたいです♪

gigiさんも、「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」の映画に注目されているんですね。

僕も、この映画は気になっていて、見てみようかなと思っているんです。

それでも、映画館で見ようか、ビデオ・DVDレンタルの新作で見ようかと迷っているんですけどね(苦笑)
映画館?(・・ )≡( ・・)?レンタル
2006/09/19(火) 00:48:43 | URL | satutaba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。