目指せ アフィリエイトで札束!

インターネットのアフィリエイトに関するサイトについて、ジャンルを問わず、体験談か日記という形でご紹介。 また、新規登録のサイトの中で気になるサイトについては経過報告も行なっています(最大で1年間)。

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「スマッチ 住まいの達人ブログ」(http://blog.smatch.jp/prize/)の、住まいのなんでも相談室というブログの中で、「正月はマンションも寒い?(http://blog.smatch.jp/sumai/archive/38)」という記事が掲載されていました。

主な内容としては、「一戸建てとマンションではどちらが暖かいか・・・」というもの。

そのことについて、住まいのなんでも相談室のブログの管理人さんで、建築家、住環境研究家でもある染谷正弘さんいわく、「もちろんマンションのほうが暖かいに決まっています」とのことでした。

◆冬は暖かく、夏は暑いマンション?

かくいう僕も、現在はマンションに住んでいます。

ですから、染谷さんのおっしゃっていたマンションが暖かいというのはよくわかります。

なにしろ冬の寒い季節であっても、電気ストーブ(1980円くらいの)1台あれば、それだけでもかなり暖かいんですからね。

ただし、僕の住んでいるマンションは建物内にドアがあるのではなく、外からでもドアが見えるタイプのものなんです。

そのため、強くて冷たい風が吹いたりする日にはドアにもすき間風が入ってくるので、そのときはさすがに寒く感じます。
サム~イ((( >_<))) 彡彡ビュービュー

しかも、マンションは気密性が高いけれど、コンクリートで覆われている建物でもあります。

場合によっては、冬は暖かくても、逆に夏は蒸し風呂のように暑くなることに……。

◆第一回 輝け!住宅ブログ OF THE YEAR 2005

【追記】
「スマッチ! 住まいの達人ブログ」では、第一回 住宅ブログ OF THE YEAR 2005と題したコンテストが、2005年12月26日~2006年1月25日まで開催されていました。

これは、「スマッチ! 住まいの達人ブログ」の中で、読者の皆様が「もっとも読者が面白い!」と思ったブログを選ぶコンテストで、コメント、トラックバックで感想を書き、投票するだけで豪華賞品(?)が当たるというものでした。

コンテストの応募方法としては、スマッチ!住まいの達人ブログの中で、「これが一番面白い!」と思ったブログを見つけたら、各ノミネートエントリーにコメントを書いたり、ご自身のブログに感想を書いてトラックバック。

このコメントまたはトラックバックが、読者の皆様からの「ご応募」となるという内容でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いろいろな人がいて、いろいろなライフスタイルがあります。
同じ環境でも、楽しい人もれば、寂しい人もいるのではないでしょうか・・・
2006/01/13(金) 22:36:13 | URL | ソメヤマサヒロ #-[ 編集]
はじめまして
染谷さんはじめまして。satutabaと申します。

このたびは、わざわざ僕のブログへのご訪問とコメントを誠にありがとうございました!

>いろいろな人がいて、いろいろなライフスタイルがあります。
 同じ環境でも、楽しい人もいれば、寂しい人もいるのではないでしょうか・・・

そうでしょうね。
たとえばマンションにしても、いろいろな人がいて、いろいろなライフスタイルがあるものの、楽しく暮らしている人もいれば寂しく暮らしている人もおられますからね。

ただ、外見からはそれを伺い知ることはできませんが・・・。
2006/01/18(水) 19:29:41 | URL | satutaba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。