目指せ アフィリエイトで札束!

インターネットのアフィリエイトに関するサイトについて、ジャンルを問わず、体験談か日記という形でご紹介。 また、新規登録のサイトの中で気になるサイトについては経過報告も行なっています(最大で1年間)。

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自分の理解できる企業に、時間と手間を集中し、

その投資理由を単純に説明できること、これが投資の基準である。

これは、偉大なる投資家ピーター・リンチの言葉です。

◆巷でウワサのちょいワル投資?

ところで、みなさんは「ちょいワルオヤジ」という言葉を聞いたことがあると思います。

そのイメージとしては、必須アイテムとしてサングラスやネックレスに、カジュアルなファッション。

「お酒」や「レストラン・バー」の知識のほかに、海外経験等の幅広い教養を持っている。

あるいは、「ちょっと不良がかっていて、ワイルドでたくましい…でもデキる」

といった、ナイスミドルな殿方といったイメージもあるみたいです。

そんなちょいワルオヤジではないけれど、最近はファイナンスの世界でも、「デキる男のちょいワル投資」といった形での投資があるんだそうです。

投資の方法というと、

・株式投資
・外貨投資
・投資信託

などを思い浮かべる方が多いと思いますが、デキる男のちょいワル投資では、ラブホテルに投資する“ラブホテルのファンド”のご紹介です。

◆レジャーホテル(ラブホテル)が儲かるわけ

そのラブホテルのファンド。

いや、ラブホテルのファンドと露骨に表現すると、個人投資家やこれから投資を考えている方々もかなりためらってしまうと思いますので、ここではグローバル・ファイナンシャル・サポート株式会社が運営のホテルファンド・ドットコムが提案する新しい資産運用の方法ということで使用されている用語として「レジャーホテルファンド」と表現させていただきますね。

そのレジャーホテルファンドの良さをご説明する前に、なぜレジャーホテル事業は儲かるのか?

それには次の3つの理由があるからです。

●「休憩制度」で、客室回転率300%超
他の旅館業にはない、レジャーホテルだけの特殊な制度に「休憩」があります。

実は、これがレジャーホテル事業が高収益である最大の要因ともいわれています。

1日に3組~5組のお客様がレジャーホテルに入り、休憩を利用することで驚異的な売り上げを実現しているのです。

●「エリア集客力」という力
レジャーホテルの場合、あのホテルに行こうというお客様は少なく、あの付近にレジャーホテルがいくつもあるから行こう考えるお客様が大半なのだそうです。

そのため、付近に競合他店が出店しても、逆にエリア集客力を強めることにもなるのです

●長い歴史
レジャーホテルは、歴史をさかのぼれば江戸時代から存在する稀有な産業のひとつ。

不況や景気にも左右されないので、継続性や安定性は抜群といえます。

◆まだ1万人しか知らない、8.4%の配当生活

現在レジャーホテルファンドは、もれなく上限の8.4%(予定)を達成しているとのこと!

しかも、このことについては、まだたった1万人しか知らないというのです!

レジャーホテルファンドのメリットに関しては、次に挙げる3つのポイントがあります。

POINT1 時は金なり
投資するだけで値下がり、値上がりの監視は不要。

時間のないデキる男にピッタリ。

POINT2 年利回り年利回り8.4%予定
運用利益率45%を超えるからこそ実現可能な、年利回り8.4%(予定)。

しかも年2回の配当があります。

POINT3 1口50万円から、しかも手数料なし!
レジャーホテルファンドに投資するための金額は、1口50万円からなので、ちょっと試したいという方にも優しいシステム。

しかも、振込み手数料以外の手数料は一切なし!

高い配当と、優しいシステム。

これぞデキる男のちょいワル投資といえるのではないでしょうか(もちろん女性も参加できますよ)。

すでに「日刊スポーツ」「日刊ゲンダイ」の新聞や、雑誌「週刊ダイヤモンド」。

さらには、テレビ東京の「給与明細」という番組のほかにも、インターネットのニュースサイトでも旬の話題として取り上げられたことで、各メディアも注目のレジャーホテルファンド。

そのレジャーホテルファンドについて、下のリンクをクリックをすると、より詳しい内容や運用データを見ることができますし、DVDもしくはVHSビデオ付きの資料請求やお問い合わせもできるようになっています。

興味のある方はぜひご訪問してみてくださいね。

デキる男のちょいワル投資

デキる男のちょいワル投資
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。