目指せ アフィリエイトで札束!

インターネットのアフィリエイトに関するサイトについて、ジャンルを問わず、体験談か日記という形でご紹介。 また、新規登録のサイトの中で気になるサイトについては経過報告も行なっています(最大で1年間)。

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「ゴジラの1歩を感じたいんだあ!」

ということで、今回はサミー株式会社がパチスロの新台「ゴジラパチスロウォーズ」のプロモーションで制作したバイラルムービーのご紹介です。

◆ゴジラを愛してしまったある7人のメンバーの挑戦の記録

このムービーは、「ゴジラ道」のファンサイトを通じて、喫茶ムーディーというお店に集まった、

ゴジゴジ(44歳)ゴジラ道の運営者
ナン(32歳)ゴジラフィギュアマニア
オッピー(35歳)ゴジラフォルムマニア
イエロー(24歳)ゴジラ映像マニア
ヨシダ(56歳)元栄光丸船員(妄想)
サブティン(22歳)ゴジラポーズマニア

コスモスミニコ(29歳)元カレがゴジラマニア

による7人のメンバー(時々、ハカセ(37歳)という名の、自称ゴジラ博士も登場)。

この7人のメンバーが、喫茶店の中でそれぞれゴジラ談義に花を咲かせていた中で、ゴジラの1歩!という話になったとき、ゴジラ道の運営者のゴジゴジさんが、

「せっかくみんな集まったんだから、感じてみませんか? ゴジラの1歩を」

ということで、「ゴジラの1歩」を感じるために、7人のメンバーによる4つのチャレンジが始まったのでした。

◆ゴジラの1歩を感じるための4つのチャレンジ!

まず1stチャレンジでは、ゴジラが地面を踏んづけたときの風を再現するために、メンバーが扇風機を持ち込み、道路に立つミニスカート姿のコスモスミニコを前に、スタンバイしていた扇風機を一斉に回すことで、ゴジラの風を感じようとします(メンバーの男性たちの視線は、コスモスミニコのミニスカートの中のパンツを感じていたようにも見えましたが…?)。

次に2ndチャレンジでは、風+揺れ+飛び+音=?ということで、

扇風機の数を増やした「強風マシーン(前回比200%UP)」
3台のラジカセを重ねて作った「轟音マシーン(サラウンド機能)」
ゴムパッチンのようなゴムによる「吹っ飛びマシーン(驚異の伸縮性)」
ロデオボーイによる「揺れ揺れマシーン(上下左右の運動性)」

の4つのマシーンを使用することで、ゴジラが足で地面を踏んだときの風と揺れ、それによる人間への影響として、風で吹っ飛んだときの飛びと、ラジカセによるゴジラの音を同時に再現することに。

3rdチャレンジでは、カラオケボックスに集まったファンサイトのメンバーらが、ゴジラの足は上からドーンとくることから、今度はマットをガムテープで固定させたものをゴジラに見立て、橋の上から下のゴジラの足型が描かれている地面へと落とすことで、ゴジラのドーンという音を再現することに。

4thチャレンジでは、ふたたび居酒屋に集まったメンバーが、今度は「近くでnear」を合言葉に、ゴジラがビルの近くまで来ることで、中にいる自分たちがビルごと揺れている状態を再現しようとします。

そのため、コンパクトサイズの組立ハウスの中にメンバーが入り、それを大型のクレーンで吊り上げ、大きなゴジラの写真があるところまで持っていって揺らすことで、自分たちがゴジラの接近によりビルが揺れている状態を体感することに。

◆バカバカしくも、うらやましいような感じもしました

1stチャレンジ~4thチャレンジまでの動画を見て思ったのは、ファンサイトを通じて集まったメンバーが「ゴジラの1歩を感じたい!」と思い、それを再現するためにいろんな装置を作ったり実験したりすることは、かなりバカバカしいといえばそうなのかもしれません。

けれどその反面、うらやましいような感じもしました。

というのも、最近パソコンやブログのほうに夢中で、今回視聴した1stチャレンジ~4thチャレンジの動画のように、ゴジラの1歩を感じたいというひとつのことに対して、同じ志を持つ仲間と一緒に徹底的に追求してみることがなかったからです。

それは、「近くでnear」を合言葉に行なった4thチャレンジの動画を見て強く思いましたね。

その「ゴジラの1歩」を感じるために、4つのチャレンジを実施したバイラルムービーの予告編が、下のプレーヤーをクリックすると別ウィンドウで開くことでご覧になれます。

動画

また、本編となる1stチャレンジ~4thチャレンジまでの動画をご覧になりたい方は、別ウィンドウで開いたプレーヤー下の「詳しくはこちら」をクリックすることで視聴できますので、こちらのほうもぜひご覧になってくださいね。

なお、すぐに見たい方は、下のリンクをクリックすると1stチャレンジ~4thチャレンジの動画のページが開きます。

THE SHIGEKIST-MOVIE ゴジラ-GODZILLA PACHSLOT WARS-


「※BloMotion・キャンペーン参加記事」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。鷹師範です。

やっぱりゴジラは一番最初のがイイです。
最高傑作です^^
ビデオも撮ってます。

米国産ゴジラはゴジラじゃない!

応援ポチ!
2007/05/01(火) 19:48:53 | URL | 情報商材アフィリ道場 鷹 師範 #5WSj97DU[ 編集]
鷹師範さんへ 僕も米国産よりは国産のゴジラのほうがいいと思っています
こんばんは鷹師範さん。

いつもコメントありがとうございます♪^^

>やっぱりゴジラは一番最初のがイイです。
 最高傑作です^^
ビデオも撮ってます。

鷹師範さんはゴジラもお好きだったんですね。

一番最初というと「第1期・昭和ゴジラシリーズ」ということになるみたいですね。

僕も、もし見るとしたら、1954年に製作されたというシリーズ第1作の「ゴジラ」を見てみたいと思います。

>米国産ゴジラはゴジラじゃない!

う~ん、これについては米国産ゴジラを見たことがないのでなんともいえません。

それでも、米国産よりは国産のゴジラのほうがいいと思っています(ゴジラについて検索した中で、米国ゴジラは弱すぎるという意見があったので)。
2007/05/09(水) 00:57:57 | URL | Satutaba #-[ 編集]
こんにちは。鷹師範です。
応援ありがとうございます。

ゴジラの第一作目は最高傑作ですね。
映像に戦争中のイメージが色濃く残り
反戦映画である事を強く認識させられます。

怪獣ブームの第一世代ですから。

まだハタチですけど(嘘

応援ポチ!
2007/05/10(木) 11:54:04 | URL | 情報商材アフィリ道場 鷹 師範 #5WSj97DU[ 編集]
鷹師範さんへ ゴジラの第一作目が反戦映画であることはわかる気がします
こんばんは鷹師範さん。

いつもコメントありがとうございます♪^^

>ゴジラの第一作目は最高傑作ですね。
 映像に戦争中のイメージが色濃く残り、反戦映画である事を強く認識させられます。
 怪獣ブームの第一世代ですから。

検索して調べたところ、1954年の11月3日に公開されたというゴジラの第一作目は、同じ年の3月1日に、ビキニ島の核実験によって起きた第五福竜丸事件をきっかけに製作された映画であるとのこと。

ですから、鷹師範さんがおっしゃっていた反戦映画であるということもわかる気がしました。

>まだハタチですけど(嘘

アハハハ、それは確実に鷹師範さんからのジョークとして受け取っておきますね。(*^_^*)
2007/05/20(日) 00:25:21 | URL | Satutaba #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。