目指せ アフィリエイトで札束!

インターネットのアフィリエイトに関するサイトについて、ジャンルを問わず、体験談か日記という形でご紹介。 また、新規登録のサイトの中で気になるサイトについては経過報告も行なっています(最大で1年間)。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんは、それまで当たり前だと思っていたことがくつがえされたという経験はありますか?

ちなみに、僕の常識がくつがえされた瞬間。

それは、“水で焼く”というウォーターオーブンが登場したことでした。

ウォーターオーブンとは、水を極度に加熱して超高温の水蒸気「過熱水蒸気」に変え、食品を焼く事ができる調理器具のこと。

余計な油分や塩分を落とし、内部の栄養素を壊さずに調理できるという特徴があるそうです。

日本におけるウォーターオーブンのメーカーですと、シャープの「ヘルシオ」がよく知られているみたいですね。

僕がこのことを知ったのはテレビの情報番組からだったんですが、最初見たときは、本当にそれまでの常識がくつがえされました!

なにしろ、それまでオープンといえば熱で加熱するのが当たり前だったんですからね。

◆医療現場で注目されるモイストヒーリングを植毛に応用  ニドー植毛相談所

ところで、常識がくつがえされるといえば植毛にもいえることがあります。

それが、ニドー植毛相談所による、モイストヒーリングを植毛に応用した技術です。

モイストヒーリングとは、「傷は乾かして治す(ドライヒーリング)」といった今までの常識をくつがえした「湿潤療法」のことで、 傷口から出てくるジュクジュクした液体(滲出液)に含まれている、細胞や血液などの再生を促進する成分のはたらきを最大限に生かすために、傷口を湿った状態に保つというもの。

要するに傷の手当てに関する新しい考え方というわけなんですね。

1962年に、イギリスの動物学者ウインター博士が、「キズは乾かすよりも、ぴったり覆って滲出液を保ったほうが早く治る」という研究結果を発表したことでモイストヒーリングを提唱。

それ以後、傷のケアは「乾燥から湿潤へ」と大きく転換していったということです。

また、現在モイストヒーリングは、外科の分野ではキズややけど、床ずれの治療などの医療の現場で注目され、使われているそうです。

◆自毛植毛をさらに進化させる「創傷治療」

そのニドーでは、自毛植毛をさらに進化させる「創傷治療」という治療を行なっています。

自毛植毛はグラフト(側頭部から後頭部にかけて約1センチ幅でドナーを採取すること・移植片という)を移植。

これにより、

1.早く治る!
2.きれいに治る!
3.感染の心配が少ない!
4.痛みが少ない!
5.生着率が向上する!


といった5つのメリットがあるそうです。

まあ、即頭部から後頭部にかけて採取した自毛を植毛するんですから、それなりの傷はあることでしょうね。

そのためにニドーでは、患者さんの負担を少なくして、生着率をあげるために、創傷治療の中でも効果が高いと言われている、上記した「モイストヒーリング(湿潤療法)」を採用しています。

しかも、植毛後の傷を必要に応じて湿潤に保つことのできる「創傷被覆材」を使用することで、傷を早く、きれいに修復させることができるんだそうです。

※創傷治療
迅速に損傷した皮膚組織を本来の機能的性質に修復する治療。

主に事故による怪我や熱傷、寝たきりによる床ずれ(褥瘡)、糖尿病による潰瘍などの治療に導入されており、世界各国で急速に普及している。

国内においても、増大する医療費負担を背景に積極的に導入する動きが高まっているという。


ということで、さらにニドー植毛相談所の新しい技術を詳しく知りたい方は、下のリンクをクリック!

自毛植毛、人工毛植毛のニドー植毛相談所(かつら、植毛)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。