目指せ アフィリエイトで札束!

インターネットのアフィリエイトに関するサイトについて、ジャンルを問わず、体験談か日記という形でご紹介。 また、新規登録のサイトの中で気になるサイトについては経過報告も行なっています(最大で1年間)。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弁護士と聞いて、みなさんはどのようなイメージがありますか。

僕は、まず人格的には、

・堅い
・まじめ
・頭がいい


です。

なにしろ、超難関といわれている司法試験に合格した方たちですからね(必ずしも一発で合格した方ばかりとは限らないみたいですが)。

そして、たくさんある職業の中でも、

・高収入

といったイメージが強くあります。

けれども、日テレの島田紳助さん司会の番組「行列ができる法律相談所」を見るようになってからは、それまで抱いていた弁護士のイメージがガラッと変わってしまいました。

特に弁護士のイメージが変わったきっかけとしては、「行列ができる法律相談所」番組で弁護を担当する史上最強の弁護士軍団のうち、「法廷に新しい風を吹き込む、茶髪の風雲児」というキャッチフレーズがある 、茶髪姿の橋下徹弁護士を見てからでしたね(笑)。

ただ収入については、やはり弁護士は高収入の職業であるというイメージは変わっていません(平均で2000万円ともいわれています)。

ちなみに日本弁護士連合会(日弁連)のホームページによりますと、現在日本にはおよそ2万1000人の弁護士がいて、そのうち女性はおよそ2500人だそうです。

◆儲からないうえに、割の合わない仕事の弁護士も

収入がいいといわれている弁護士ですが、中にはそうでない方もおられるみたいなんです。

たとえば、犯罪が起こったときに、犯罪を犯した人を処罰すべきかどうか。

また、処罰するとしたらどのような処罰をするかを扱う刑事事件を弁護する、いわゆる刑事弁護を専門として行なっている弁護士の収入は、なんと100万円前後ともいわれているそうです。

ですから、儲からないうえに「犯罪者の味方」と非難されることもあるため、弁護士が担当する弁護の中でも刑事弁護は割の合わないお仕事といえるでしょう。

それでも、犯罪者にも人権(一人の人間として大切に扱われるという権利のこと)がありますし、正しい裁判を受ける権利と弁護士を頼む権利もあるので、刑事弁護を担当する弁護士は必要です。

いかなる弁護であれ、人権や正義を守るのが弁護士の使命ですからね。

弁護士
この記事はブログルポの弁護士特集の依頼により執筆しました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。