目指せ アフィリエイトで札束!

インターネットのアフィリエイトに関するサイトについて、ジャンルを問わず、体験談か日記という形でご紹介。 また、新規登録のサイトの中で気になるサイトについては経過報告も行なっています(最大で1年間)。

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/08 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、僕のブログでご紹介のブログ広告.comのサイトが、登録してから1ヶ月ほどたちましたので、その後の経過報告をさせていただきます。

◆複数のブログを登録した後、ブログに掲載できるかどうかは審査次第

以前記事に書きましたように、ブログ広告.comでは、すでにメインのブログを登録していても、複数のブログをお持ちで、内容が違うものであれば、違うメールアドレスで登録することができます。

僕のブログも、メインで登録したブログ(注:「目指せ アフィリエイトで札束!」のブログではありません)ですでに承認されていたものの、追加として、以前からブログライター系として使用していたブログを登録しました。

けれども、追加登録ができたからといって、すぐにブログに記事が掲載できるのではなく、その後には審査が待っているんです。

具体的には、ブログ広告.comのサイト内で行なう記事掲載についての審査であり、各案件も、専用のフォームに入力して送信する形式になっています。

それに参加することで、ブログに掲載できるかどうかの審査を受けるというわけなんです。

実はこの時点で、まだ追加で登録したブログは再審査中です。

というのも、ある文章のところを大文字にしなければならなかったところを忘れていたからです。

それでも、最初だったことや、軽微な間違いということで、かろうじてその案件のポイント(100ポイント)はもらえましたけどね…。^^;

◆ランク3になれば確実に報酬が!&間違いが多ければランク落ちも…

ブログ広告.comのブロガー案件は「ブロガーランク」、ライター案件は「ライターランク」が それぞれ3つのランクに設定されていて、ランクが高いほど案件が優先的に紹介されることについては、記事でご紹介したことがありますので、すでにおわかりですよね。

それについて、ブログ広告.comに会員登録して、会員ページにログインしたところ、次のような条件でランク分けされていたことがわかりました。

【ブロガーランク】

★★★(ランク3)
・お小遣い系ブログではなく独自のコンテンツがある
・コメントがついているなど、他の閲覧者との交流がある
★★☆(ランク2) 
10回中7回が修正なし
★☆☆(ランク3) 
ランク2~3の条件に当てはまらない人

【ライターランク】

★★★(ランク3)
10回中9回が修正なし
★★☆(ランク2) 
10回中5回が修正なし
★☆☆(ランク1) 
ランク2~3の条件に当てはまらない人

あと、ログイン後にわかったことで、ランク3のみ、先着枠に関わらず、募集期間中に応募すれば確実に報酬がもらえるそうです!

が、記事掲載条件の間違い(修正回数)が少なければランクアップするものの、 間違いが多い場合はランクダウンされてしまうといった厳しいところも…。

それでも、ランクアップの制度があるブログライターのサイトはやりがいがあるので、なんとかまずは再審査中のブログを承認してもらえるようにがんばりたいと思います(笑)。

ということで、ブログ広告.comの新規登録をご希望の方は下のリンクをクリック!

ブログに記事を書くだけで報酬がもらえるブログ広告.com


今回の記事はいかがでしたか?

もしもお役に立ちましたら、ぜひ下のバナーをクリックして応援してくださいね(ブログをお持ちの方はご登録もできます)。

誰でも、どこのブログでも登録OK! FC2ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。