目指せ アフィリエイトで札束!

インターネットのアフィリエイトに関するサイトについて、ジャンルを問わず、体験談か日記という形でご紹介。 また、新規登録のサイトの中で気になるサイトについては経過報告も行なっています(最大で1年間)。

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2017/10 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回ご紹介のお名前.comは、日本で初めて公認ドメイン登録機関(レジストラ)として非営利団体ICANNに認定された、ドメイン登録実績60万件を誇るドメイン総合ポータルサイトです。

◆ドメインについて

「ドメインとは何か」を明確に答えられないという人でも、ホームページアドレスやメールアドレスが何かは思い浮かべることができるはず。

実は、みなさんがお持ちのホームページのアドレスやメールアドレスの中にも「ドメイン」は含まれているんです。

つまりドメインとは、インターネット上にあるコンピューターを特定するために使われる、一定のルールに従って作られた文字列のことを指すということです。

たとえば、

http://onamae.com

というホームページアドレスがあった場合、

・赤い下線のcomが、第1レベルドメイン
・青い下線のonamaeが、第2レベルドメイン

であるとのこと。

実は、インターネット上でコンピューターを特定しているのは、たとえば「123.45.67.89」といった「IPアドレス」と呼ばれるものですが、ドメインのIPアドレスと紐付くことで、IPアドレスをいちいち覚えなくても特定のコンピューターへアクセスしやすくする役目を持っているのだそうです。

よく「インターネット上の住所のようなもの」と例えられるものの、正確には「インターネット上の住所を分かりやすく見せるもの」になるということです。

◆ドメインには3種類ある

僕はこの記事を書いていて初めて知ったんですが、一口にドメインといっても、大きく分けて次の3種類があるそうです。

1.gTLD (Generic Top Level Domain)
一般トップレベルドメイン。
全世界に登録が開放されている「.com」「.net」「.org」と、登録に制限のある「.edu」「.gov」「.int」「.mil」の7種類が当初から存在しています。
2000年には「.biz」「.info」「.name」など、新たに7種類が追加され、これらを新gTLDとも呼びます。

2.ccTLD (country code Top Level Domain)
「.jp「.us」 「.fr」 「.uk」など世界に200種類以上あり、原則としてその国に在籍する人を対象としていますが、「.tv 」などその国以外の人が登録できるドメインもあります。

3.sTLD (sponsored Top Level Domain)
2000年の新gTLD導入時に生まれた、スポンサー付きトップレベルタイプのドメイン。
業界団体が代表してスポンサーとしてドメインの登録割り当てを行うもので、モバイル向けの「.mobi」、航空業界向けの「.aero」、博物館向けの「.museum」などがあります。

この中で、私たちにもいちばん身近なドメインといえば、gTLDでいうところの「.com」「.net」になるでしょうね。

◆ドメインによっては、たくさんのアクセスが見込めることも

お名前.comでは、20種類以上の多種多様なドメインを用意しているそうです。

たとえばgTLDの場合、

最も認知度が高いスタンダードドメイン
ローマ字.com(例:onamae.com)
日本語.com(例:お名前.com)

インターネット関連サイト用のドメイン
ローマ字.net(例:onamae.net)
日本語.net(例:お名前.net)

と、ローマ字か日本語のドメインが取得できるということです。

ただし、非営利組織用のドメインである「org」や、Informationを意味するドメインの「.info」、名前を登録することに特化したドメインの「.name」については、日本語のドメインは取得できないみたいです。

それでも、一般のサイト運営者の方にとっては、日本語のドメインを取得できるだけでも、訪問ユーザーからかなりの注目を浴びるかもしれません。

たとえば、アフィリエイトを専門に情報を提供しているサイトで、お名前.comの日本語.comで登録した場合、

http://アフィリエイト専門.com

というドメインを取得することができれば、アフィリエイトに興味のあるユーザーさんは、アフィリエイトに役立つ情報がたくさんありそうだと思って、多くのアクセスがあるのはもちろん、思った以上の成果が表れることで、サイトで大成功を収めることができそうです。

◆有名企業も多数利用している、お名前.comのドメインサービス

また有名企業の中には、すでにお名前.comのドメインサービスを利用している会社がたくさんあることがわかりました。

この5月より、人気アーティストの大塚愛さんが登場するキャンペーンサイトを開設している、

日本生命「YOU MAY DREAM」
http://you-may.jp/

大塚チルド食品の大豆飲料「スゴイダイズ」の商品サイト、

大塚チルド食品「スゴイダイズ」
http://sugoidaizu.com/

も、お名前.comのドメインサービスを利用しているそうです。

それ以外の企業のドメイン活用例も多数あり、お名前.comのサイトのバックナンバーで公開されていますので、ぜひご参考ください。

◆ドメイン登録を行なう際には、サイト選びに要注意

最近では、ドメイン登録を手軽に行なえるサービス・企業が増えてきました。

が、簡単になった反面、管理のずさんな会社も増えています。

たとえば、自分が登録したと思っていたドメインの登録者が別の人になっていたり、突然サービスが休止されてドメインが使えなくなった、という例が後を絶たないそうです。

お名前.comには、ドメインは、登録するだけではなくその後の運営が肝心ということで、1999年からのサイト開設以来からのドメイン知識と蓄積してきたノウハウがあります。

また「ドメインって何?」というお客様にも安心してご利用いただけるよう、電話・メールでのサポートや、「よくある質問」として、Webサイトで公開しています。

ドメインについてよくわかる、Frash対応で読めるコミックもお名前.comに用意されてますよ。

◆ニッポン応援プロジェクトキャンペーン実施中!

ただいまお名前.comでは、ニッポン応援プロジェクトキャンペーンを実施中です!

キャンペーン期間中に新規登録されますと、日本語.com/.net/.jp/.bizのドメインを、1年あたり980円(税込)。

日本語.tv/.ccのドメインをを50%OFFなど、格安な料金でご登録いただけます。

キャンペーンの期間は、2008年12月26日まで。

ドメイン登録も、

①お名前.comでの専用の検索窓でのドメイン検索
②情報入力

登録完了!

のカンタンな3ステップで完了します!

ということで、あなたも登録実績70万件、日本国内や世界で有名な企業も多数利用しているお名前.comで、安心のドメイン登録・ドメイン管理を始めてみてはいかがでしょうか。

お名前.comのドメインサービスについてもっと詳しく知りたい方は、下のリンクかバナーをクリック!

【早い者勝ち!】.com/.net/.jp ドメイン取るならお名前.com
ドメイン取るならお名前.com


OKWeb@ブログランキング

誰でも、どこのブログでも登録OK! FC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。