目指せ アフィリエイトで札束!

インターネットのアフィリエイトに関するサイトについて、ジャンルを問わず、体験談か日記という形でご紹介。 また、新規登録のサイトの中で気になるサイトについては経過報告も行なっています(最大で1年間)。

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

2017/09 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930

ブログ内検索
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、ゴールデンウィークということで、2日以降から少しお休み(かなり?)をしていた僕のブログなんですが、本日より再開させていただきます。

ということで、またよろしくお願いいたします。<(_ _)>


連休後の最初のテーマとして、以前から僕なりに記事にしてみたかった「生協の白石さん」について書いてみることにしました。

昨年あたりから何かと話題になっている、生協の白石さん。

ヤフーで検索してみると、ヒットした件数は約1,060,000件

Googleの場合は約2,620,000 件という検索結果(いずれも2006年5月7日現在のもの)となりました。

それだけ関心を持っている方が多いということなんでしょうね。

しかも生協の白石さんが話題となったことで、ついに下のような本も出版されたのも、まだ記憶に新しいことでしょうね。

生協の白石さん

生協の白石さん
白石昌則著/出版:講談社

◆生協の白石さんとは?

そもそも生協の白石さんというのは、職業が東京農工大学生協職員という方です。

その東京農工大学には、生協の学食や購買に対する意見を募る「ひとことカード」というものがあり、そこには、ふだん学生のみなさんが生協で感じたことや要望などが寄せられています。

言わば、目安箱のようなものですね。

しかし、中にはそんなひとことカードをふざけて投稿する学生たちもいるみたいなんです。

ふつうだったら、明らかにふざけて書かれたものだとわかるものは、スルーするなどして相手にしないでしょう。

それが、最も有効な策であり、当然の対応といえます。

しかし、そんなふざけて書かれたカードに対してもまじめに答えてくれているのが、熱心な生協職員である生協の白石さんというわけなんです。

◆ブログのコメントにも応用できそうな、生協の白石さんからのコメント

僕が初めて生協の白石さんのことを知ったのは、あるメールマガジンからでした。

きっかけは、下のリンクのURLからだったんですが、最初に見たときは衝撃的でした!

生協の白石さん

たとえば、

「あのー、波動拳の威力がどれだけのものなのか教えてください」

という質問には、

波動拳という単語に見慣れていないので、インターネットで検索したところ、「波動による高エネルギー電子の共鳴拡散過程」等、難しいレポートがヒットしました。さすが理系の学生さんですね。

しかし結局「波動拳」については判らずじまいでした。

又今度教えて下さい。(白石)


さらには、

「一人暮らしでさびしいので、話し相手になってくれたり、ごはんを作ってくれたりする便利な美少女ロボットが欲しいです」

といった理不尽ともいえる要望に対しても、

生協で上記の様なロボットは購入できませんし、生協以外でも購入は難しいでしょう。

しかし、このような願望に依存しない大学生活を送っていただく事を強く望みます。

お名前欄お見受けして感じたのですが、もし本名でこのようなひとことカードを提出する度胸があれば、この先どんな困難でも乗り越えられる気がしますよ!(白石)


と、実に誠意のある回答で対応されていたので、姿や顔はわからないものの、この生協の白石さんという方に好感を持ちました。

それで、私が生協の白石さんのことについていろいろと知っていくうちに、これはブログのコメントにも応用できそうだなと思い始めたんです。

◆ブログのコメントには3つのパターンがある

あくまでも僕だけの考えなんですが、ブログのコメントには次の3つのパターンがあるように思えます。

1.ブログの記事にコメントがあったときは、そのコメントにお返事を書くのはもちろん、コメントをくださった方の中でブログをお持ちであった場合は、こちらからも訪問して記事にコメントをするという、コメント返しのパターン(僕も、どちらかといえばこのパターンです)。

2.ブログの記事にコメントがあってもお返事はしないものの、自らコメントをくださった方のブログを訪問することでコメントに対するお返事を差し上げるパターン。

3.ブログの記事にコメントがあってもお返事をしないうえに、コメントをくださった方のブログを訪問しても、記事にコメントはしないといったパターン。


この中で、いちばん良心的でうれしく感じるのは1.ですよね。

2.についても、まあまあうれしいもの。

問題(?)は3.でしょう。

けれど、これについてはブログの管理人さんにもいろいろな方がおられると思うので、それがいいか悪いかはわかりません。

ただ僕の場合、3.のようなお考えのブログだと、自然にアクセスが遠のいてしまいますね……。


といったところで、今回は僕なりに生協の白石さんに学ぶブログのコメントについて記事にしてみました。

でも、いくら生協の白石さんがブログのコメントの参考になるといっても、記事の内容とは関係のない、アダルト系や出会い系の宣伝を兼ねたコメントに対してはお返事をする必要はないと思います。

やっぱり、トラックバックもそうなんですが、コメントにしても、ブログのテーマとその記事に合った内容にお返事したいですからね。

【余談】
以下は、生協の白石さんに関連しているリンクです。

よろしければクリックしてご覧になってみてくださいね。^^

がんばれ、生協の白石さん!
東京農工大学生協職員「白石さん」をブログにしたものです。

東京農工大学 消費生活協同組合ホームページ
2月まで生協に寄せられた一言が記載されています。

お母様は白石崎子さん
質問「どんな人か教えて」(?)の中に、母親の名前ということで記載されています。


今回の記事はいかがでしたか?

もしもお役に立ちましたら、下のバナーをクリックして応援してくださいね(ブログをお持ちの方はご登録もできます)。

ランキングオンライン

誰でも、どこのブログでも登録OK! FC2ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。